ルーチェ東京美容クリニックピコレーザータトゥー消すブログ エンライトンⅢ

ルーチェ東京美容クリニックでのピコレーザー(エンライトンⅢ)によるタトゥー・刺青・入れ墨・アートメイクの消し方・消え方を紹介した症例写真ビフォーアフターが見れるクリニックオフィシャルブログ。途中経過や治療終了症例、アフターケア・照射後の変化・口コミ等、ピコレーザーでタトゥーを消す治療についてご参考にして下さい。無料カウンセリング・無料診察しております。お気軽にお問い合わせください。お電話番号0120-822-188  お問い合わせ info@luce-tokyobiyo.com

ピコレーザーは痛い?レーザーの痛みを減らす取り組みと麻酔

f:id:DrLUCE:20171223205517j:plain

 

レーザーは痛い?

「レーザー痛いですか?」よく聞かれる質問です。

患者様が皆様共通しておっしゃる感想は、「タトゥーを入れた時より痛い。」です。ゴムを強めに引っ張ってパチンと当たる感覚です。それが連続でくるイメージです。

 

ピコレーザーの痛みは従来レーザーの約5分の1

ピコレーザー(エンライトン)はアメリカでいうところの厚生労働省すなわちFDAの認可があります。FDAに申請を出した際、ピコレーザーは従来のQスイッチレーザーの約5分の1程度の痛みである、というデータを出しています。古いレーザーより痛みが少ないようです。

しかしQスイッチレーザーでの治療経験がなく、初めてピコレーザーを受ける患者様にとってはやはりそれなりに痛みがあると言えます。痛みを減らすために、ルーチェ東京美容クリニックでは複数の麻酔を準備しております。

 

ルーチェ東京美容クリニックで扱う4つの麻酔

 私たちは痛みを極力減らす取り組みをしています。痛みを減らす、こだわりの麻酔をご説明致します。 

冷却麻酔

 「クーリング」とも呼ばれます。保冷剤を皮膚にあてます。冷えて感覚が鈍くなったところでピコレーザーをあてます。タトゥーが小さい時などに行います。痛みはある程度感じます。

麻酔クリーム

 麻酔成分があるクリームを塗ってからレーザーを照射します。クリームを塗って30分程度お待ち頂きます。残念ながら麻酔クリームはさほど効かないのでほとんど行っておりません。

局麻麻酔

 注射の麻酔です。一番多い麻酔です。痛みはかなりなくなります。範囲が大きい時に行います。面積が大きい場合は1回チクッとするだけではなく、何回かチクチクします。次第に痛みはなくなります。

笑気麻酔

ガスの麻酔です。医療用のガスを吸入することで鎮痛効果が得られます。お酒を飲んだ時のように少しふわふわした感じになります。笑気ガスを止めればすぐに元に戻ります。気持ち悪くなることもありません。

局所麻酔+笑気麻酔

局所麻酔と笑気麻酔を組み合わせることで痛みを更に和らげます。注射の痛みが心配な場合、笑気麻酔をまず行います。笑気ガスの鎮痛効果が効いてきたところで注射をします。更に笑気ガスを吸ったままピコレーザーを照射することで痛みを最小限に抑えたまま治療を終えることができます。